2014年1月13日月曜日

[ボエモス] BOEMOS 黒のスエードブーツの着こなし(履きこなし)を考えてみる 

[ボエモス] BOEMOS エンジニアブーツ
黒の渋いスエードのブーツを一本も持っていないので欲しくなりJavariにて、以前も買ったボエモスのエンジニアブーツを購入!


シンプルなブーツ

革の質はこの値段にしては非情に良い!
ブッテロに比べると革は薄く、重さも半分程度で軽い

通常25.5cmだが今回は26cmを購入
入り口は意外と狭く足が入らないかと思った
しかし、一旦足を入れると中は広い
分厚い中敷きを入れて調度良い


(以前買ったボエモスは25.5cmを買ったが
丁度すぎて薄い中敷きしか入れれなかった。
結局ストレッチャーを使い少し伸ばした!)

つま先は程よく反っている
↓しっかりと蛍光灯の光を当てて撮影しているため
実際の日常生活ではここまで明るくはないと思います
大好きなサイドジップ
エージングされており立体感がある

色合い、質感も良い!
飽きの来ないシンプルなライン


実際に履くと、足の甲辺りの革が硬い
シッカリ履きこんでクタクタにしたい!

お洒落で優しいベルトが良い!
ハードなエンジニアブーツとは一味ちがう

スリットが入っており
ブーツインした時にアクセントになりそう


山用の靴底見たいにガッチリしている!良好!

カカトもシッカリしている

日頃は、茶系の靴が好きで黒はあまり履かない。更にスエードなのでテカリもなく全体的に重くならないか心配だ。自分なりに着こなし(色合せ、履きこなし)を考えてみた。

シャツは(ナパピリ)NAPAPIJRIのグレーのシャツを合わせた。今お気に入りのメーカーだ!
長年着込んだような
生地の感じが好み

ノルウェーの国旗が可愛い

グレーなのに単調ではない
よく見ると軽くエージングされている
★アマゾンのNAPAPIJRI(ナパピリ)コーナー
(ナパピリ)NAPAPIJRI 1987年に創立したイタリアのメンズ&レディースウェアブランド。 ブランドネームはフィンランド語で「北極圏」を表している




とりあえずよく履くパンツを合わせてみました
大好きなAGジーンズ!やっぱりカッコイイ!
ディランはスキニーパンツ
マッチボックスは細身のストレート
タンバリンは少し太めのストレート
ボルドーのコーデュロイは細身のストレート


AGジーンズをロールアップで合わせます(ディラン以外)
ディラン白マッチボックス黒タンバリンマッチボックス 

ディラン白マッチボックス黒・ボルドー・タンバリンマッチボックス


ベージュのチノパン
足元アップ

結論

カジュアル、ドレスなど、何にでも合います。
スエードなので全体的に重くなるかと思いましたが、問題無いですね!エージングされたスエードが程よい抜け感を出しています。 また、スッキリと細身で格好いいです。 ただ、筒が意外と細いのでブーツインは難しいです。
トップスとの兼ね合いで、どうしても黒が重く感じる時はロールアップしてあげると軽く抜け感が出ます。しかし、最近はロールアップの折り方や折り幅は色々!一本のパンツの変化が楽しめて便利ですね!

ボエモスのサイズ感は「私にはジャスト過ぎる」と言うことです。「薄手の靴下と中敷き無しで遊びなし」と言った感じです。私の様に、(冬場は少し厚手の靴下と中敷きを入れる)場合は0.5UPをした方がいいと思いました。寄って今回は26cmで大正解!です。


★アマゾン [ボエモス] BOEMOSコーナー

0 件のコメント:

コメントを投稿