2018年2月12日月曜日

Nudie Jeans(ヌーディージーンズ) 赤いチェックのボアジャケットLENNY WOOL CHECK RUBYです!赤ジャケットの着こなしコーディネートを考えてみます。

Nudie Jeans(ヌーディージーンズ)
LENNY WOOL CHECK RUBY
以前使っていたラングラーのコーデュロイ・ボア ジャケットを数年前に人に譲ってしまったので、久々にボアジャケットを買うことにした。今度はあまり人と被らず大人っぽい着こなしが出来る物を第一条件にした。そして、このNudie JeansのLENNY WOOL CHECK RUBYボアジャケットに出合いました。

Nudie Jeans LENNY WOOL CHECK RUBY

商品:LENNY WOOL CHECK RUBY
生産国:ルーマニア表地:ウール70% ナイロン30%
裏地胴部:ポリエステル60% アクリル40%
裏地袖部:ポリエステル100%
サイズ:(S)着丈71cm 身幅52cm 肩幅45cm 袖丈55cm

アメカジの王道とも言える赤のチェックが存在感を放ちます。ただし、赤と言ってもメリハリのあるコントラストのきつい、明るい赤黒チェックではなく渋い色合いです。光の加減で少し朱色に見えたりもします。なので、色々なカラーにも合わせやすく大人っぽい派手渋コーディネートが可能になると思います。ボアの色も真っ白ではなく、薄いベージュっぽい色です。インナーも非常に合わせやすいのです。
また、表地はイタリアンウール、裏地と襟裏はボア、更に袖の裏はキルティングになっています。思った以上に暖かいのです、更に見た目よりも軽く着心地は最高なのです。

シンプルなデザインです。

斜めにカットされた胸ポケットはヌーディージーンズのGジャンと同じです。

シッカリとしたボアです。縫製もしっかりしています。
袖丈と着丈はぼぼ同じ長さです。使いやすい長さです。
サイズ感
私がシャツを買うときは、下記の寸法を基準にしています。
首周:38(指一本余裕で入るくらい)
着丈:60(Tシャツ)
身幅:98(一杯に空気を吸ってチョイ楽状態)
袖丈:56~58(長袖)
肩幅:43~45
なので、今回はボアや素材の肉厚も考慮し
サイズS(着丈71cm 身幅52cm 肩幅45cm 袖丈55cm)を購入しました。結果タートルセーターやパーカーを着込んでも肩幅はジャストな感じになりました。
シャツと厚手のセータを着込んでも大丈夫そうです。
気持ちストレッチも効いているので、動きやすいです。大きすぎず小さすぎず、良い感じのサイズでした。


ボタンは刻印入りの、メタルスナップボタンですが、留めるときに、指が折れそうになるくらい、かなり硬いです。実際は折れませんけど(笑。

サイドのポケットは小さめですがちゃんと手が入ります。ポケットの中がボアじゃなかったのが少し残念。あと、手袋をはめてると入らないかもです。
ピングゴールドの時計ともよく合います。
時計:フォッシルSmartwatch バッグ:COACH






軽く着てみる
王道のアメカジで行くなら、カットソー・クールネックのロンTにダメージデニムを合わせ、スニーカーを履きジャケットを羽織れば完成ですが、今回は綺麗目な大人コーディネイトをしたいと思います。

■カーキのタートルセーターでエレガントに
パンツはヌーディージーンズのブラックTight Long John(タイトロングジョン)足元はTricker's(トリッカーズ) の COUNTRY BOOTS MALTON(カントリー ブーツ モルトン)で締めます。


最後はLENNY WOOL CHECK RUBYを羽織って完成です。
如何でしょうか?シンプルな組み合わせなのですが、抜群の存在感。









■ホワイトのセーターで全体をホッコリと








■RED(赤)xBROWN(茶)でエレガントに
赤色と茶色の組み合わせは私の中では難易度が高い着こなしの一つです。それぞれの色の濃淡やブレンドされている色も重要になります。特に赤は、真っ赤ではなく渋い赤や少し褪せた赤が合わせやすいと思います。例えばボルドーx茶などは合わせやすいと思います。今回のジャケットは少しくすんだ赤で目に刺さらないような赤です。なので渋めの茶色やベージュ系と非常に相性がいいと感じました。
シャツはベージュ、パンツはヌーディージーンズのコーデュロイ、ブラウンのGrim Tim(グリムティム)足元はTricker's(トリッカーズ) の COUNTRY BOOTS MALTON(カントリー ブーツ モルトン)、ジャケット以外を茶系で整えました。





茶系のアクセサリーも添えてみる
バック:COACH マンハッタン・フォルドオーバー・トート
時計:FOSSIL Q EXPLORIST FTW4002 (フォッシル Q エクスプローリスト)







【総括】
ここ最近、冬になって思うことは、あまりにも服装がダークカラーと言うこと、確かに白や思い思いのカラーを着ている人もいるのだが、しかし、全体からすると数%だろう。街を歩いても、電車に乗っても7割方は服装が暗いのである。実際私のアウターを見ても黒や濃茶や濃いグリーン、ネイビーがメインになっている。なので、今年の冬からは目立つことを恐れずに、明るく少々派手に思えるくらいのアウターコーディネートをしようと思っています。
目指すのは、綺麗目渋派手大人コーディネイトなのです!そういう意味で、今回の赤チェックボアジャケットは最も理想的な服でした。


★Amazon Nudie Jeans(ヌーディージーンズ)  コーナー



0 件のコメント:

コメントを投稿