2012年1月21日土曜日

ブーツは4種類あれば何とかなる

ブーツは4種類しか持っていません
ブーツは4種類で、この4足しか持っていません。左から デザート(クラークス) ・ ワラビー(クラークス) ・ ショート(ポールスミス) ・ ワーク(ホーキンス) です。個人的にはこれだけあれば色々組み合わせが出来ると思っています。
※2012年9月ブーツ3足追加しました。


デザート(クラークス

クラークスのデザートブーツは最も幅広く合わせの出来るくブーツだと思います。
カジュアルからドレスまで全く問題ありません。以前は定番のベージュのスエードを持っていましたが、履きつぶしたので今回は、あえて通常の革を購入しています。やはり茶系がお勧めです。重すぎず軽すぎずどんな色のパンツにも合います。何を履いて良いか分からないときは、取り合えずデザートの茶系を履いておけば間に合うでしょう。

飽きの来ない茶系のデザート


ワーク(ホーキンス

無骨に攻める!ドレスダウンなどに利用できます。
ワイルドに見せるときは紐ワークブーツがお勧めです。カジュアルなトップに合わせればワイルド感が増します。綺麗目のトップに合わせれば”外し”が利きます。キチットブーツイン、だらしなくブーツイン、ブーツカットでブーツアウト、ストレートでブーツアウト、色々楽しめます。ホーキンスは履き心地も良く、お値段もリーズナブルです。

 
薄めの茶のオイルレザー
年に一度ミンクオイルでゴシゴシ!
色の変化を楽しめます。


ショート(ポールスミス

カジュアルアップ・ドレスアップなどに利用できます。
もう10数年履いているカーキのポールスミス、お気に入りです。靴底は一度修理しました。
トップに細身のシャツやジャケット、ダウンや革ジャンで綺麗目に決めるときに最適です。
また、トップにチェックシャツ、パンツは細身のジーンズなどカジュアル系をあわせればカジュアルアップします。Tシャツとジーンズのみに合わせても良いです! 味のあるカーキと光沢が重過ぎない大人の雰囲気を出してくれます。いざというときの一足を持っておくといいと思います。






焼き物のような味わいを持つカーキの皮
磨くのが楽しみです。後20年は余裕だな!


ワラビー(クラークス

スニーカーに飽きたらこれ、綺麗目軽快カジュアルにも最適。
デザートとはまた違った味があります。履きごごちもよく、気軽に合わせることが出来ます。
ヒール、ソールはクッション性も良くひざにも優しい!袋状の造りなので足幅の広い人にも快適です。




限定版 珍しいヌバック革のモスグリーン

靴をウマく持たせるコツは、「ローテーションしてしっかり履く」だと思っています。
履いてやらないと革が駄目になってきますし、偏ると早く消耗します。車の4輪タイヤと一緒で、ウマくローテーションしてあげるのがコツです。また、ブーツは特に保管もしっかりやりましょう。
しまう時は、汚れを落とし、しっかり乾燥させて靴の中に丸めた紙を入れ、乾燥剤を入れて保管しましょう!乾燥剤はサプリや薬、お菓子などに入っている乾燥剤がお勧めです。日ごろから捨てずに取っておくと便利です。



デザートやワラビーは色んな種類が毎年出るので、お気に入りを探すのが楽しいです。
でも、一足は定番のスエード(茶かベージュ)を押さえておきたいところです。

Clarks(クラークス)デザート








Clarks(クラークス)ワラビー





0 件のコメント:

コメントを投稿