2014年4月5日土曜日

JOSEPH ABBOUD(ジョセフ アブード) この夏は渋オレンジのカーディガンで気分も明るく!

JOSEPH ABBOUD(ジョセフ アブード)2014
2014年のメンズファッションはハッキリと派手なカラーではなく、渋く薄めのカラーが来ているような気がする。私もこの夏は色々渋カラーにチャレンジしたいと思う。

早速アブードで渋オレンジカラーのニットカーディガンを見つけた!単調なカラーの組み合わせになりがちな夏のコーディネートに軽く羽織るだけで、明るく華やかに立体感を演出してくれる。


シンプルなヘチマ襟カーディガン
サイズはMだが基本的にゆるい作りだ

横のラインも緩やか、リネンならではの
適度なシワや艶感が良い!もちろん涼しい!

ボタンと3つ閉めれば落ち着いた雰囲気
真っ白なシャツだけだと寂しいがコイツを
羽織れば一気に華やかになる

前をオープンにし袖を巻く襟上げれば
大人のカジュアル感タップリ!!

丈の長さも程よい
長すぎず短すぎない絶妙な長さ

プリントTシャツをインに入れてもサマになる

ヘチマ襟が適度なボリューム感を出してくれる


今回はシンプルにインに白系のシャツ&ロンT
ボトムにはAGのTravis Flood(トラヴィス フラッド)
もちろん色物・柄物シャツやカラーパンツもOK!
渋いオレンジなので合わせの幅は広いと思う





足元は「SEAVEES バハスリッポン ポップ エクスクルーシブ
少し渋ハデなスリッポンで遊んでみました(^^)




最近ジャストカバリの緑のボトムスに凝っている
ジョセフアブードのトップスと合わせてみた!



この色あせオレンジが
明るいグリーンといい感じに
馴染みます

ロールアップした足元は
ブッテロのスリッポンで締めます
トップ白・ボトム緑のシンプルな着こなしに
アクセントとして肩掛けで使う
色褪せ感のあるオレンジなので
馴染みも良く浮いたりしない

こういう使い方でもグッと
雰囲気を格上げしてくれる





オマケ①
ジョセフアブードのグリーン・グラデーションを購入した


まあ、派手なこと!(値段も派手でした)
ボトムスは明るめの白・ブルー・茶・ベージュなどを
合わせれば無難に決まりますが・・・なんと!

インに白シャツを入れるWシャツ!
ホワイト&グリーンという暴挙に出てみた

これは有りなのか、無しなのか?!
これはもう、葉っぱに擬態したとしか思えない!
さて、葉っぱは置いておいて
少々真面目に着こなすと
こんな感じでしょうか!?

このシャツ自体がインパクトがあるので

シンプルに白に統一しました
インナーおよびボトムを縦ラインで!
白は膨張色なので縦ラインにすることで
細く見える?かも?しれません(#^^#)

でも、このグリーンがグラデーションで
無かったら、少し浮いてしまいます
グラデが白に馴染み立体感も生みます

デニム:AGのホワイト(マッチボックス)
サンダル:ビルケンシュトック





オマケ②
ジョセフアブードのシンプルなポロシャツを購入した

ジョセフアブードにしてはシンプルで細見のポロシャツです。肌触りもサラサラで、よーく見ると細かいメッシュになっています。パンツはグレーのショーツ、足元は黒のサンダルです。
実はこのポロ黒に見えますが、限りなくクロに近いネイビーなのです!また、ポイントとしてはボタンを開けた時のネイビー地に白の水玉。後、実はこれ、隠れボタンダウンなのです。胸ポケットもついて実用的です。

黒のベルトで引き締めシャツの前の部分だけを無造作にパンツインして、こなれた感じを出します。ボトムは、(白)(ブルー)(赤)(グリーン)(グレー)(カーキ)など合わせは楽です。この夏大活躍です。
また、余談ですが、このポロシャツ意外と透けるのです。白いVネックの下着を着用したら筋がクッキリでました。そこで今回人生初のベージュの下着を着用しています。全然ひびかないし中々優れものです。

「BODY WILD T-SHIRTS VネックTシャツ ベアフライス/きりっぱなし 衿・袖・裾きりっぱなし&吸汗速乾」 汗をかく暑い日でも、いつもサラサラしていて気持ちいいです。ただ、清涼感は正直無いような気がします。各末端は切りっぱなしで体に良くフィットし、胸元のVの大きく切れているので、シャツの胸元を大きく開けても、シャツが見えることはありません。





≪その他のJOSEPH ABBOUD(ジョセフ アブード)≫

モスグリーンのアウター! 緑のシェルコートの着こなしを考える
持っていると便利な春のアイテム
最近 JOSEPH ABBOUD(ジョセフ アブード)を買いすぎている件について
最近お気に入りの大人のカジュアルJOSEPH ABBOUD

0 件のコメント:

コメントを投稿