2014年6月8日日曜日

au WALLET(エーユー ウォレット) カード を使ってみた!

au WALLET(エーユー ウォレット) カード
au WALLET カードとはマスターカードの加盟店で利用できるプリペイド式のあたらしい電子マネーカード。買い物するたびに WALLET ポイントが貯まり、貯まったポイントはau WALLET カードにチャージ!次のお買い物に使うことが出来る。 詳しくは au のホームページで確認してほしい。

カードが届いでからまだ間もないのだが、現在までに感じたことを書いてみます。このカードのもっとも面白く不可解な特徴は《プリペードなのにカード払できる不思議な感覚です。最初、私もピンと来なかったのですが、数回利用しているうちになんとなく解りました。
カード番号も普通のクレジットカードと同じ
ただ、番号がエンボスになっておらずバックがオレンジ
の為、光の角度によっては数字が非常に見にくい

裏も通常のカードと全く同じ
NFCのチップは搭載(ICチップは無いようだ)
違いはWEBマネーの番号が追加されているぐらいの事

【チャージしてみる】

チャージ方法は色々あるが、私はじぶん銀行に口座があるので、じぶん銀行からチャージしてみた!スマホ(Xperia Z Ultra)で au WALLET のアプリを起動しチャージを選びチャージもとにじぶん銀行を指定!あとは指示に従いじぶん銀行から au WALLETへチャージ!





●「じぶん銀行」からチャージすると+5%でお得!ポイントではなく現金でチャージされていた。凄い囲い込みだ!

今まで全く使わなかったじぶん銀行だがやっと使い道が出来た!なお且つATMでの入出金の手数料が無料になっている。良い!
※2014年6月現在のキャンペーン




後で、じぶん銀行の振込先の状況を見て面白いことに気が付いた、振込先が「カブシキガイシャ ペイジェント」となっている。調べてみると、株式会社ディー・エヌ・エーと三菱UFJニコス株式会社の出資する会社でインターネット上の決済を代行する会社であった。なるほど、KDDIをつながりの深い会社で行っている訳だ。

★お金の流れ


[じぶん銀行]

[au WALLET ID]
↓↑
[au ID]
↓↑ チャージ、チャージの管理
[株式会社ペイジェント] ← 決済代行



【お店で買い物する】

[一般のクレジットカード支払い
支払い回数は1回又は複数回で後払いでの銀行口座からの引き落としとなります。

[au WALLETカードの支払い]
支払い回数は1回払いのみで速攻でWALLET内にチャージした金額が引き落としされます。

★お店から見るとクレジットカード感覚

いずれの場合も店舗側では、一般のマスターカードと同じカード決済処理感覚。店舗側では一般のクレジットカードなのかプリペイドを使ったのかは多分わからない。控えのレシートも通常のクレジットカードの控えと同じだった。



【au WALLETカードを使ってみた】

≪リアル店舗≫ マスターカード利用可店舗

・スターバックス    使用可能 サイン不要
・眼鏡市場(アルク)  使用可能 普通にサインを求められた
・倉敷アウトレット
 (キャサリンハムネット)使用可能 普通にサインを求められた
・天満屋(COACH)  使用可能 普通にサインを求められた
・洋服のはるやま  使用可能 普通にサインを求められた

・ユニクロ        用不可   このカードは使用できません
・洋服の青山      用不可   このカードは使用できません
・天満屋(アブード)  用不可   このカードは使用できません

わたしは良くスタバに行くので
スタバカードにチャージするとき
au WALEETからい行います
するとポイント7倍なんです!(#^^#)





≪ネット店舗≫ マスターカード利用可サイト

amazon(アマゾン)  使用可能 他のカードと同様に使用できた
・ZOZOTOWN(ゾゾ) 使用可能 他のカードと同様に使用できた
・Safari(サファリ) 使用可能 他のカードと同様に使用できた・Google Play(グーグル) 使用可能 他のカードと同様に使用できた
・Logicool(ロジクール) 使用可能 他のカードと同様に使用できた
・mora(モーラ) 使用可能 他のカードと同様に使用できた

・SONYストア      用不可   このカードは使用できません


≪返品・キャンセルしてみた≫
Google Playにて
 ① 199円のアプリの注文を入れ購入しました(6月9日)
 ② 速攻でau Walletから199円が出金。
 ③ 15分以内にGoogle Walletでキャンセル返金以来。
 ④ キャンセル返金は受理されました。
 ⑤ 現在199円はau Walletに戻っていない・・・ (@^^)/~~~

 ⑥ その後1時間ほどして確認したらお金戻ってました。

利用明細
キャンセルの場合の返金も確認
とりあえず一安心です

利用明細ですが「購入店舗」等の
会社情報は一切履歴に残りません
あくまでもお金の動きが分かる程度です
お店の名前が出てもらえると嬉しいのですが・・・






【利用状況を確認する】

利用情報は瞬時にスマホ(Xperia Z Ultra)で確認できる。チャージした後や支払いをした後は、簡単にカードの残金やポイントを確認で出来る。
数字がクルクルーっと変わり
現在の残金が表示、ちょっと楽しい


au ポイントが廃止になり
今まで持っていたポイントは全て
au WALLETのポイントに移動になっていた

※NFCでカードを読み取ってみたが au ID 確認のホームページへ誘導されてしまう、そこでログインすると現在の状態を家訓インできる。つまり、このカードの中には利用状況や金額の情報は何も入っていないと思われる。

au WALLETカードは下記の流れで紐づけられ利用されているのだと思う。

[au WALLET ID] ← カードの情報
↓↑
[au ID]
↓↑
[株式会社ペイジェント] ← 決済代行
↓↑
[マスターカード]
↓↑
[店舗] ← au WALLETのカード情報




【カードの補償と返品】

プリペード方式なので現金は同時に引き落とされる。色々調べてみたがどうもカード詐欺にあった場合は補償は無いようである。チャージは必要最低限にしておくことが必要だ!

カードを落としたら最後、サイン不要のスタバで使われたら金額限界まで使われてしまい、以上終了となる。このカードに関しては、気軽に考えず、日ごろから現金と同じ感覚で管理し「落としたら最後だ」という気構えが必要である。

ただ、カードを落とした事に気が付いたらアプリから「利用停止」が出来る。早く気が付けば被害は最小限で抑えられる。利用停止にしたら交番に行き、落とし物として届いていないか確認したい。






そういえば、au ポイントが廃止になりポイントの受け皿は全てau WALLETのポイントになった。 これってよく考えると au を使っている人達は全員、au WALLETを持っていないとポイントは一切使えないということですよね?!恐るべしau とマスターカードの戦略!!

au ユーザー全員がこのカードでマスターを利用すると言うことになるわけだ!そう言えば、私は「じぶんカード」も持っているのだが、「じぶんカード」自体に貯まっていた au ポイントも知らぬ間にau WALLETに移動になっていた。又「じぶんカード」の新規発行は中止になっている。「じぶんカード」はJCBやVISAが中心だったのでこの辺はマスターカードとの契約による、大人の事情であろうか・・・??。


 まぁ、今持っている「じぶんカード」が使えなくなる訳ではない様なので安心だが・・・。 突然「じぶんカードは利用禁止」「au WALLETは止めます!」と言う事だけは無いように切に願いたい au 殿!。
※2015年(じぶんカード)は廃止になりau WALLETクレジットカードに変貌を遂げる。現在はWで使ってます。


取りあえず、現在はこんなところです。


0 件のコメント:

コメントを投稿