2015年8月15日土曜日

The DUFFER of St.GEORGE(ザ・ダファー・オブ・セントジョージ)のMA-1は他にはない大人のデザインだ、ホワイトデニムでサラリと着こなす。

The DUFFER of St.GEORGE
MA-1 TYPE NYLON TWILL JACKET
今回購入した The DUFFER of St.GEORGE(ザ・ダファー・オブ・セントジョージ)のMA-1は、実は1年前くらいの商品でとても気に入ったのですが、その時はサイズが無く購入できませんでした。しかし、偶然にネットで見つけ、しかもアウトレット価格でした。もちろん速攻ゲットしました。
DUFFER MA-1
パッと見カラーの形状やリブを見るとMA-1と認識するが、全体の形状はむしろ下のライダース(Cathy Janeのデザインに近い気もする。しかし胸ポケットや袖の処理は下のジャケット(Harris Tweedに近い気もする、

Cathy Jane(キャシージェーン)DOCJ10
HARRIS TWEED JACKET(ハリスツイードジャケト)





「MA-1はゴツくて重い」と言うイメージが有ると思いますが、コイツは別物です。軽いしペラっとしています。もちろん中綿など無く表地と裏地のみなのです。

MA-1の特徴の1つでもある、袖リブはありません。袖の処理はテーラードジャケットの様なカット。袖にはボタンも付いている。勿論たくし上げる事も出来ます。

ダブルジップで着こなしの幅は広い。リブはMA-1であることを感じます。

ポケットには蓋があり、ボタンで留められます。

裏地のデザインは、テーラードジャケットでよく見る生地です。

凄いのはセンターにベンツがあります。普通のMA-1にはありえないものです。

ナイロンのシワシワ感が好きです。

ベンツはボタンでもちろん開閉可能




あえての白デニムを合わす
通常、グリーン(カーキ)のMA-1には黒の細めのパンツが鉄板ですが、今回は白デニムで綺麗目にしました。
スッキリとタイト。色はテカテカした深いグリーンではなく褪せた明るめのグリーン。白との馴染みは良いです。実はこの色の組み合わせを前からしたかったのです。

タイトに絞りこまれたウエストが確認できます。

ダブルジップで表情も色々変えられます。薄い生地でタイトなのでお腹にゴワゴワたまったりしません、

ジッパーをオープンにすると、風の侵入を防ぐ前立があります。この辺りは明らかにMA-1です。

でも、バーっと前を開けると上品な裏地が登場!トップのインナーに綺麗目のシャツを入れると更にドレッシーになるでしょう!



MA-1 D-TECはALPHAの中ではタイトな部類だが、ダファーのMA-1に比べるとかなりゴツい。また、光沢のある深めのグリーンはミニタリーを強く主張する。下手な着こなしをするとオッサンになってしまうので注意が必要だ。








軽く着てみる

白・黒・グリーンでシンプルに着こなしてみる
(ボトム)ディーゼル (シューズ)ヴァリジスタ (Tシャツ)REPLAY

袖や丈の長さは絶妙!

光の加減で更に褪せたグリーンにの見える事がある。

中綿の無いラインはゴワつきもなく綺麗です。でも、防風性はあっても真冬は寒いだろうなぁ~

グリーンと白のバランスがとても良いと満足している。

スリッポンブッテロ バックオロビアンコ











【総括】
基本、MA-1はミニタリージャケットなのだが、DUFFERのデザインセンスにより非常にドレッシーなジャケットに仕上がっている。Tシャツはもちろんの事、綺麗めのシャツと綺麗めのボトムに羽織れば、ひと味ちがうドレスダウンが楽しめると思う。

今回はジャストサイズを選択した。インナーには私が痩せない限りは、シャツや薄手のセーター程度しか着込めない。実は今回のMA-1はインナーとしても使おうと考えている。冬場はこの上に更にアウターを羽織ろうと計画中だ。

ミニタリーは好きだけれども「あまり激しいのはチョット」という方には持ってこいでしょう!





0 件のコメント:

コメントを投稿