2016年9月5日月曜日

The DUFFER of ST.GEORGE(ザダファーオブセントジョージ)の久々のジーンズは、生まれて初めてのFrayed Hem(フレイドへム)だ!今までのコーディネイトに新しい抜け感を加えた着こなしが楽しいのです。

The DUFFER of ST.GEORGE(ザダファーオブセントジョージ)
FRAYED HEM(フレイドへム) JEANS

Frayed Hem(フレイドへム)ジーンズと言えば、いわゆる裾を切りっぱなしにして解した状態のジーンズです。今回DUFFERから発売となりました。私は今まで<Frayed Hemは女性専用>くらいに思っており、気にも留めていなかったので、実際に履いてみると何とも新鮮です。


腰回りはレギュラーサイズでかなりキツメのテーパーがかかっている

ストレッチがシッカリ効いており、履きやすく動きやすい
色落ち、髭などのエージング加工も素晴らしい

ポケットの刺繡も一切なしのシンプルなお尻


Frayed Hemの特徴は何といっても、その存在感と抜け感でしょう!今までジーンズ等で抜けを作る場合は私の中で「クッション」「ハンパ丈」「ロールアップ」の3タイプ(又は組み合わせる)でしたが、このFrayed Hemの抜け感は凄いのです。


「クッション」により抜け感が生まれる


「ハンパ丈」により見えた素足で抜け感が生まれる


「ロールアップ」により見えた裏地や素足、靴下で抜け感が生まれる


切りっぱなしの裾、糸がフリンジっぽく新鮮!視線を集めそうだ。今はまだ小奇麗だがこの先もっとボロボロになって、糸もダラダラになっていくのでしょう!
私が履くと9分丈くらいでしょうか?サンダルとの相性は完璧です。



勿論スニーカーとの組み合わせは鉄板!




軽く履いてみる


Officine Creative(オフィチーネクリエイティブ)シンプルなスリッポンに合わせてみました。上品なスリッポンとフレイドヘムの組み合わせはお洒落です。



Clarks(クラークス)のJacala Strap(ジャカラストラップ)サンダルに合わせてみました。夏場のフレイドへム初心者は、まずはサンダルからスタートしましょう!



Tricker's(トリッカーズ) のCOUNTRY BOURTON(カントリーバートン)と合わせてみましたが、このカントリーバートンは万能ですね!速攻でフレイドへムと馴染み足元をアップグレードしてくれます。



NIKE(ナイキ) のROSHE LD-1000 QSスニーカーと合わせて見ました。スニーカーはやっぱり鉄板ですね!


Blundstone(ブランドストーン) サイドゴアブーツ黒と合わせてみました。雨の日の強い相棒です。







【総括】

メンズのFrayed Hem(フレイドへム)は、あまり見かけることがありませんので、欲しい方は見かけたら直ぐゲットするべきでしょう!
見つからない場合は、自分で造りましょう!いらなくなったジーンズの裾を切って、糸を解すだけですから!


Amazon カットオフジーンズ コーナー


0 件のコメント:

コメントを投稿