2017年3月30日木曜日

3,000円を切るハイブリッドイヤホンOKCSC D3を簡単に評価レビューしてみました。しかもMMXC対応なのだ!

OKCSC D3 カナル型イヤホン ハイブリッドイヤホン
ヘッドセット ヘッドホン MMCX対応 ケーブルなし ブルー
Amazonで買い物中にこのイヤホンを見かけ少し遊んでみようと購入しました。価格は3,000円を切っているのにダイナミック型+BA型のハイブリッドなのです。おまけにMMXC対応。そして購入を決意させた決定打はこの一枚のドライバーレイアウト写真です。
OKCSC D3のドライバーレイアウト
「シンプルで良い構造だなぁ~」と眺めていると・・・ふとあることに気が付きました。「んっ?どこかで見たような・・・?」私はAKG N40を所有しており、最も好きなイヤホンの一つです。そのN40のドライバーレイアウトの写真がこれ!
N40のドライバーレイアウト
どうでしょう?・・・この2枚の写真をどう見るかは皆様にお任せするとして・・・。ひょっとすると3,000円を切る価格でN40並みの音が手に入るかもしれません!これはもうミラクルです!早々に購入です。(笑



商品が到着しました
レビューします!まず驚いたのがケースです。竹です。箱のズレがあるわけでなくバリがあるわけでなくちゃんと作られています。
意外にちゃんとしていて愛着も湧きそう!


箱の蓋はスライド式です。特に埃や嫌な臭いもしません。ちゃんとしてますね。

イヤホン本体とイヤーチップが入ってます。箱は何かに使えそうです。
イヤホン本体の外見は傷もなく、ブルーも美しいです。思ったよりシッカリと作られています。3,000円の質感とは思えません。
ちゃんとしたMMXCコネクタです

半透明のブルーが綺麗です。

イヤーチップも普通

見た目は1万円と言っても通用します。

余っているMMXCケーブルとイヤーチップ(コンプライ)で早々チューニングします。
COMPLY (コンプライ) イヤホンチップはサイズ的に Tsx-500 が使えそうです。

Mサイズを装着しました

ケーブルはOYAIDE HPC-MXs Silver 1.2m MMCX用を装着

さて、待望の音を評価してみます。

(´ε`;)ウーン・・これが3,000円の音ですね!

音 場 :猫の額ほどの広さです(=^・^=)
バランス:左右ちゃんとしてます。ボーカルもちゃんと真ん中に
高 音 :上の方の周波数は出ていません。耳に刺さることはありません。
中 音 :一応出ています
低 音 :弱いです。コンプライを着けても弱いです。
音 圧 :よわいです。全体的に色あせて聴こえます。
周波数範囲:仕様に明記がないのですが、20Hz ~ 20kHzも出ていない感じです
ボーカル:言葉はよく聞き取れます。

AKG N40との比較のため辛口の評価になりました。同等価格帯のイヤホンとの比較ではありませんのでご了承ください。

【総括】
エージング0時間ですが、スピート感が無くまったりとした反応です。音楽と聴いていると少し気持ち悪くなりました。表現している音の数が劇的に少なく全体的に色あせた感じで解像度も低く音圧も低いです。ボリュームを上げるとドライバーが耐え切れず音が割れそうになります。ちゃんとしたアンプには不向きかもしれません。スマホやパソコンテレビのモニタ用としては使えそうですが、残念ながら本気で音楽を聴くには厳しいと思います。ただ、逆に「3,000円でここまでの質感とそこそこの音が出る」という事実にも驚きました。「音質にはこだわらず、ちょっとした音の確認や、言葉の聞き取り用として割り切って使うので、とにかく安いのが欲しい」と言う方には一つの選択肢になると思います。一昔前だったら、1万円前後の価格帯だったかもしれませんね。

結論から言うと「ドライバーレイアウトは似ているのに、N40とは音が全然違う」と言う結論になりました。正直、N40と同じ様な音が出たらどうしようかと少し思ってました。何時か壊れたら分解してみたいと思います。
:)



0 件のコメント:

コメントを投稿