2012年2月5日日曜日

オーディオテクニカのATH-CKM99は、なかなか良い音聞かせてくれるコストパフォーマンスの高い ヘッドホン

audio-technica(オーディオテクニカ )
ダイナミック型インナーイヤーヘッドホン ATH-CKM99

愛用のウォークマン X(NW-X1060/B)の純正NC(ノイズキャンセラー)イヤホンが壊れてしまい、購入を検討しアマゾンを覗いていたところATH-CKM99が目に入った。

実は、NCは非常に良いのだが問題点もあった。音楽を聴いている時にイヤホンのトップに髪の毛が当たると「バリバリ音がする」、ケーブルが擦れると「ガザガザ音がする」、風の強い日は「ボソボソ音がする」そういった事もあり、また、ATH-CKM99が非常にお安くなっていたので、今回はNCの純正イヤホンの購入は見送りATH-CKM99を購入することにした。


ATH-CKM99
型式 ダイナミック型
ドライバー φ14mm
出力音圧レベル 104dB/mW
再生周波数帯域 5~28,000Hz
最大入力 200mW
インピーダンス 16Ω
質量(コード除く) 約10g
プラグ φ3.5金メッキステレオミニ
コード 0.6m/Y型
付属品 : 0.6m延長コード、ポーチ、イヤピース(XS,S,M,L)、クリーニングクロス

 チタニウム切削×ステンレスのハイブリッドメタルハウジングにケースダンパーによるフローティング構造を加え、クリアな中高域再生を実現。硬度の異なる2つの金属、チタニウムとステンレスにより、抜群の制振設計に加え、金属の間には振動を抑制するダンパーを追加。より制振性を高めることで、クリアな中高域再生を実現します



良い所
(エイジング期間60時間程度、イコライズ等は全てOFF)

●高音・低音のバランスが良い(やや中低音より)
高音が悪いわけではない、シンバルなどの余韻までも綺麗に表現している。 突き刺さるような、高音をカットしている感じ、むしろこれは耳や頭にとてもやさしいと感じた。更にエイジングをすると良い意味での抜け感が出てくると期待している。


●全ての楽器の原音を忠実に
ウォークマン Xのデジタルアンプは中々優れもので、今まで聞こえてこなかった原音も表現できる、そしてATH-CKM99はその全ての楽器を見事に表現していると思った。純正のNCイヤホンでも聞き取れなかった音が聞こえてくる。しかも、ライブなどを聴くと実際の演奏者の立ち位置で音が鳴っているような気にさえなってくる。音の広がり感、立体感も良い。

●音漏れ
普通の音で聴いていれば、周りに迷惑をかけるような音漏れはしていない。マズマズの密閉性があるので、周りの音も気にならない。NCより一歩劣るが周りの音で、音楽に集中できない事はない。また、ケーブルの擦れ音も気になりません。

●素材、見た目
チタニウム切削×ステンレスで見た目も高級感が溢れています。個人的に光物が好きなのでOKです。


純正のNCヘッドフォンの代わりに購入
ウォークマン X(NW-X1060/B)の
高級感を更に引き立てます。
付属品(ケース・延長ケーブル・クロス・イヤーピース)
個人的には本体のケーブルの長さが微妙です、
ウォークマン本体をジャケットのサイドのポケットに
入れると、少し長さが足らない、延長をつけると
長くなりすぎるし・・・もう5cm長ければと思った次第です

ケース、デカ過ぎ!キット使わない(*^。^*)
重厚でピカピカ、美しい

ドライバー φ14mmが収まってます

チタニュウムとステンレスのハイブリッとで
見た目も音も高級感UP



【総括
1万円ソコソコで買えるイヤホンとしては大変優秀だと思いました。 買って損のない良い商品だと思います。お金が溜まったら上位のイヤホンも聞いてみたいと思ってしまいました。


★2012年04月、そろそろ2ヶ月が経ちました、エイジングも適度に進んでいるようで、最近では乾いた中低音域が小刻みよく鳴ります。高音の抜けも格段に良くなってきてます!

現在、(50周年モデル 限定2500台) ATH-CKW1000ANV が販売されている、欲しい・・・・キットすぐ売り切れるだろうなぁ~

USB バスパワー駆動32bit DAC + 高音質ヘッドホン・アンプ(HP-A3も御覧ください



※2013年8月14日(水曜日)

 この一週間くらい何となく「ん?」っと思う音が入り込むことがあった。また、低音が明らかに伸びない事が・・・。そして本日イヤホンを外したその時・・・


ガ━━(;゚Д゚)━━ン!! パックリ逝っている!
左側がパックリ、今日は35度あります。
ここ最近の猛暑のせいでしょうか?
ただ右側が問題ないので残念ながら
もともと左側の接着不足ということでしょう。

取り敢えずスーパーボンドで接着、
音が元に戻る保証はありません。
約1年半の命でした。残念です。
これは、次を買うしかないかなぁ~


※2013年8月15日(木曜日)

 修復完了!(^o^)ノ ヤッタ!
(´・ω・`)ん?

 商品終了!_| ̄|○

クリップのかけ方が悪かったのか、片側が浮いた状態で「カッチカチ」に接着されてます。残念ながら本日をもって一線から退くことになりました。
( ;∀;)本当に今までいい音をありがとう!
という訳でJVCケンウッド ビクター ステレオミニヘッドホン HA-FX700を購入することに・・・・。





【オマケ】


私の「ATH-CKM99で音楽を聴くときのおすすめ!」

美しくも妖しいエレクトロニックメロディーサウンドとハートを震わす重低音、美しい声の女性ボーカルで癒されたい方にはお勧めです。


デレリアム:Delerium
・・・・インストゥルメンタル、男性、女声ボーカル

●ブルーストーン:Blue Stone
・・・・女性ボーカルメイン

シケイン:Chicane
・・・・インストゥルメンタル、男性、女声ボーカル

アバブ&ビヨンド:Above & Beyond
・・・・インストゥルメンタル、男性、女声ボーカル

オーシャンラブ:Oceanlab
・・・・女性ボーカルメイン
    ※Sirens of the Seaは Above & Beyond presentsなのです!最高!




シケインの No Ordinary Morning という曲です。
映像と歌詞がどうリンクしているのかは分かりませんが、大好きな1曲です。






アバブ&ビヨンドに合わせて踊るドラゴンハウスのiGlideとBluPrint!
サウンドもダンスも最高にカッコイイです!
アルバム「Group Therapy」のYou Get To Goという曲のリミックスと思われます。

↓こちらがオリジナル







Blue Stoneの”Worlds Apart”です。じっくり耳を傾ける事が出来るお洒落な曲です!
Above & BeyondやChicane、Deleriumほどサウンドがトンガッてなく聴きやすいです



デレリアムやエニグマの様に、時にドロドロ、時に爽やか、時に感動、時に癒し、と多面性やインパクトは少ないですが、どのアルバムも都会的で爽やかで美しく癒し効果を感じます。カテゴリーとしては、クラブダンス・ハウス・エレクトロニカ・トランスと言った所でしょうか。ATH-CKM99で聴くには最適の音源達です!

個人的には・・下記の、どのアルバムも・・我ながら素晴らしいチョイスだったと思っています(笑
デレリアム系がお好きな方、最近デレリアムのアルバムが出ないとお嘆きの方、ぜひ一度お試しください。
最近では、
Above & BeyondとChicaneにドップリです。
















0 件のコメント:

コメントを投稿