2012年2月25日土曜日

audio-technica ヘッドホンアンプ内蔵 BluetoothステレオレシーバーAT-PHA05BTでスマホミュージックをアップグレード

ヘッドホンアンプ内蔵( Bluetooth)
ステレオレシーバーAT-PHA05BT
最近のマイブームはスマートフォンとBluetoothレシーバーで音楽を聞くことである。以前、音に関してはワイヤレスを全く信用してなかったのだが、ソニーエリクソンのBluetoothレシーバーと出会ってから、この考えも少し変わりました。

スマートフォンBluetooth(Ver.2.1+EDR)+ステレオレシーバー+ヘッドフォンの組み合わせは、一昔前のウォークマンと遜色ないマズマズの音を確保しているように思われます。レシーバーの近くにスマートフォンがあれば音切れもなく、手元操作もできるし、電話にも出る事ができ、大変満足!!・・・つい最近までは。

先日、audio-technica製のイヤホンATH-CKM99を購入しウォークマンXとの組み合わせで久々に歓喜した。当然、ソニーのBluetoothステレオレシーバーにも接続してみた。残念ながらウォークマンとの有線接続の音質とは全く別物、音の深みも広がりもパワーも表現できていない、まあ、当たり前といえば当たり前なのだか・・・ということでレシーバーのアップグレードを検討しました。

速攻で目についたのが同じ audio-technicaのAT-PHA05BTです。30mW+30mWのアンプ内蔵とはニンマリです。





(通信仕様)

通信方式 Bluetooth 標準規格 Ver.2.1+EDR 準拠
出力 Bluetooth 標準規格 Power Class2
最大通信距離 見通しの良い状態で10m以内
使用周波数帯域 2.4GHz帯(2.402GHz~2.480GHz)
変調方式 FHSS
プロファイル A2DP AVRCP HFP HSP
対応コーデック SBC
コンテンツ保護 SCMS-T方式
伝送帯域 20~20,000Hz(44.1kHzサンプリング時)

(本体仕様)

マイク型式 エレクトレットコンデンサー型
指向特性 無指向性
感度 -40dB(1V/pa,at1kHz)
周波数帯域 10~4,000Hz
最大出力レベル 30mW+30mW
(16Ω、T.H.D 1%)
出力端子 φ3.5ステレオミニジャック
電源 DC3.7V
リチウムポリマー充電池(内蔵式)
外形寸法 H70×W20×D15mm
(クリップ除く)
質量 約21g(コード含む)
使用温度範囲 5℃~45℃
表示部 有機EL(単色)



以前のソニエリのステレオレシーバー
長い間お疲れ様でした。

電源オン 有機EL
audio-technicaのロゴが浮かびます。
思いの外デカイ。
起動準備 プロトコルが表示されます
長上げで電源オン・オフ
長下でホールド

上から (ボリューム)
(曲送り プレイ・停止 曲戻し)
(エフェクト) ボタン

エフェクトは4種類
MUSIC <DYNAMIC> MUSIC <BASS BOOST>
MOVIE GAME

エフェクトは造り物感が漂いイマイチです。
良いヘッドフォンを使用しエフェクトOFFがおすすめ。
裏面 クリップのみ

通話ボタンと マイク
電話を受ける : 一秒押す
でんわを切る : 一秒押す
リダイヤル : 2秒以上押す

マニュアルにはこう書いてますが、
一秒を意識すると上手くいきません。

電話がかかってきたらボタンを「ポン」と押すとOKです

ヘッドフォンををさします。横はストラップの穴

ペアリングボタンとUSBのコネクター
蓋は、いつか、ちぎれでしょう。

プロファイル:A2DP AVRCP HFP HSP
に対応です。ワンセグもちゃんと聞けました。

バッテリ表示 と ホールド状態表示

音なってますよ!

ボリューム表示
ヘッドホン ATH-CKM99と
ステレオレシーバーAT-PHA05BTを接続

お似合いカップルだな!

ペアリングは済ませてあるので

電源オンで速攻接続

ヘッドフォンのマークと Bluetoothのマーク

完了!



ついでに色々繋いでみました。

BUFFALO Bluetoothオーディオ送信機
ステレオミニプラグ接続 ブラック BSHSBT02BK
Bluetooth Ver 2.1+EDR Class2準拠


BRAVIAで夜遅く映画鑑賞するときや、
音声出力の小さな映画を見るときの為に
BUFFALO Bluetoothオーディオ送信機
を買いました。
ペアリングは簡単。お互いのペアリングボタンを長押し
近づけておけば数十秒でペアリング完了です。

取り付けは簡単!!
イヤホンジャックに接続するだけ
ここでAT-PHA05BTの威力炸裂です!
パワーアンプ内蔵なのでボリューム調整で

大迫力の音が聞けます(^^)



DELL XPS13 ウルトラブックと接続
動画も大迫力の音声で聴けます!

Google voice で電話もOK
もちろんSkypeも問題なし!

Xアプリの制御も問題なし!


総括

有線接続には勝てませんが、音の広がりや深み、低音から高音までかなりいい線いってます。やはりパワーアンプの威力は絶大で、この音がスマートフォンから出てるとは思えないくらいです。 ホワイトノイズもほとんど無く優秀です。音楽を聴く基本はやはり「音源」「アンプ」「スピーカー」のバランスだなぁ~と痛感しました。 通話音は普通です。

音楽を聴くことを主体においた、Bluetoothのヘッドセットを購入予定の方は、検討の一つにしてはいかがでしょうか。ヘッドフォンを色々変更できるのも魅力です。最近では色んなマシンと繋いで良い音を楽しんでます。

バッテリーの持ちも優秀です。一日40分程度の利用で約一週間くらいは行けると思います。本当に毎日使ってます。手放せない逸品です!

ただ、残念なことに音声通話に関しては良い評価はありません。相手の声はよく聞こえるのですが、相手の方はハウリングやエコーが酷くて音声が聞き取りにくいようです。音声通話を主に使われる方は他の商品を検討してもいいかもしれません。
※よく調べたらGalaxyの通話音量を大きくしすぎていたようです、適度に絞ったらハウリングもなくなり相手との通話も問題ありませんでした。






0 件のコメント:

コメントを投稿