2015年2月2日月曜日

The DUFFER of St.GEORGE(ザ・ダファー・オブ・セントジョージ) ロイヤルブルー・ダッフルコートの着こなしを考えてみる

DUFFER×LONDON TRADITIONのダッフルコート
The DUFFER of St.GEORGEがイギリス発のアウターウェアブランド【LONDON TRADITION】(ロンドントラディション)に別注をかけた上質メルトン素地の暖かいダッフルコートです。


ロイヤルブルー、ショールカラー、ショート丈の中々お目にかかれないダッフルコートです。ロイヤルブルーのアウターを買うのは初めてなので、少々着こなしに不安が・・・。


トグル(toggle)を、だらっとオープンにした時の雰囲気が好きだ!

この丈の短さが、タダものではない証拠!ダッフルコートでこの短さは見たことない。


フードだとカジュアルになってしまうが、ショールカラーだと、グッとドレッシーに。

裏地が更に派手!生地は肉厚で、多分この派手な裏地と表地は貼り合わせだと思います。重量は同じDUFFERのチェスターコートより重いのですが、温かさはチェスターコートより上です。胸元さえマフラーで締めておけば、寒波もヘッチャラです。LONDON TRADITIONのウール技術は凄いと思いました。

肌触りも良いメルトンウール。しかし、このロイヤルブルー・・・派手なのかな?最近、自分で何が派手なのかの基準が分からなくなってきた。ヤッパリ歳なのかなぁ~(笑

ポケットは絶妙のサイズ感と位置!

トグル(toggle)は木で出来ています。手油で色が変わって行くかなぁ~楽しみ!
DUFFERとLONDON TRADITIONのワッペン



着こなしを考えて見る




パンツにグリーンターコイズを!

色見の強いロイヤルブルーと、色見の弱いグリーンとの組み合わせは意外と行ける?!

シューズブッテロ / ブルックス


こげ茶のスリッポン

薄いグレーのスリッポン

ネイビーのスリッポン

ブルーのスニーカー




茶Pコートx黒パンツを差し替える!

仕事スタイルの濃い茶のPコートをロイヤルブルーに差し替えて見た!


茶 x 黒 x 茶

長年愛用の茶のPコートはダッフルより少し丈が長い。バックは、ここ3年オールシーズン使い続けているポールスミスで、ナイロンと皮のコンビ!色はモナコブルーかな?
ブルー x 黒 x 茶

丈の長さが少し短くなりカラーが変わるだけでアクティブに洗練された印象だ。また、濃いロイヤルブルーなので黒や茶に違和感なく良くなじんでいて、派手でもなく破綻もしていない。また、モナコブルーのバックがトップとのバランスにもなっていて、中々好印象だ!

Pコートもダッフルもデザイン的に親戚関係なのか?横から見たときのラインはほぼ同じ、共に細めのパンツによく合う。また、トップからエンドまで同じトーンなのでスリムに見える!(笑

黒パンツとロイヤルブルーの相性はやはり鉄板だろう!ただ、上下がスパッと二分され、お尻のラインが多く見える。ヒップアップに心がけておく必要があるだろう(W


結論: ブルー x 黒 x 茶 は あり です!
インにはベージュのカーディガンを着ていますが相性は良いです



大好きなヌーディージーンズのブラックグレーと

ヌーディージーンズのTHIN FINN
足元にはアレンエドモンズ(タン)

パッと見黒に見えるブルーグレーのシンフィン。キュッと引き締まったシンプルで安定感のある組み合わせです。濃いボトムとの相性は抜群です。足元はアレン(タン)カラーで綺麗目に!

ヌーディージーンズのTHIN FINN
足元にはUGGのクラシックミニ(ネイビー)

足元をUGGのネイビーのクラシックミニに!オジサンにはちょっと可愛すぎるかな(笑





大好きなリプレイの色褪せボルドーと

リプレイのANBASS(アンバス
足元にはアレンエドモンズ(タン)

赤との相性はどうかなと思ったのですが、このパンツは褪せボルドー見方によっては茶に近いので違和感はない。また、ロイヤルブルーはほんの少し紫寄りなのでボルドーとの相性が良いのでしょうかネ?





大好きなAG(safari特注品)の白じゃない白と

AGのデュラン
足元にはアレンエドモンズ(タン)

ほんのりグレーの入った(見方によっては汚れた)白なので、白浮きしない。メリハリがあるのにほんのり優しい組み合わせだ!足元を黒やネイビーのローファーにしても綺麗!





リプレイのダメージデニムと

Replayのダメージ・ジーンズANBASSと
足元はスペルガーのローテクレザースニーカー

トップのインにはグレーのタートルネックセーターでシンプルにしました。

左右の表情が違うダメージは面白い。上品なロイヤルブルーにダメージの組み合わせは意外と新鮮でまとまりが良い!足元とベルトは黒で引き締めています。










AGのGジャンをインに着込んで見る

トップはお気に入りのAGのGジャン、ボトムはお気に入りのNudie Jeans Thin Finn(シンフィン)【ブラックグレー】だ!AGとNudie Jeansの組み合わせは中々良い!


美しいロイヤルブルーと少し可愛く見えるダッフルコートに無骨なGジャンを入れて見た。可愛らしさは程よく打ち消され、上品さにワイルド感がプラスされた。











《オマケ》

このロイヤルブルーに合う、上品は肩掛けバックを探していてこのバックに出会いました!少し高かったけどオールシーズン一生使えそうなので、私にしては頑張って買いました!(笑

COACH(コーチ)カラーブロック フォールドオーバー クロスボディ

実はCOACH(コーチ)のバックは人生初なのです。しかし良い革と色艶です!造りもシッカリしているし、お値段だけのことはあります。

裏面の濃茶が折り返しデザインが完成しています。

裏面のこげ茶

折り返しを伸ばすとこんな感じ

トップにあるジッパーを開けるとこんな感じ、中にはキーホルダーが入るサイズのポケットが2個、収納スペースはあまりありませんが、私には必要十分。

肩掛け紐が接続されている辺りに、フリーの大きなポケットが!マフラーや手袋が入ります。また、この部分の見えにくいところにチャックがあり、肩掛けしているときにトップのチャックを開けることなく、バックの中身にアクセスできます。日ごろはこちらのチャックを使うので、意外とトップのチャックはフェイクなのかも(笑

物を入れる時はこんな感じで
後はペロンと折り返す。
裏はこんな感じ!大きなフリーのポケットに肩掛け紐をしまってます。

小脇に抱えても良い。茶系は万能なのでどんな服にも合いますし、どんなコーディネイトに合わせても品格をアップさせてくれます。

ただ、全体的に非常に柔らかいのでフニャッと落としそうです。 また、A4の紙を入れるとシワクチャになります(笑




クロスに肩掛けするのがヤッパリシックリくるかな!










【総括】
深く神秘的なブルーは今までのレパートリーにないので、正直どう合わせれば良いのか不安です(汗。。。ただ、少し明るいネイビーと思って合わせれば、何とかなりそうとも・・・思っています。これから少しずつ勉強してゆきたいと思います。



【LONDON TRADITION】
本国イギリスの一流ブランドや高級ブランドを中心に、世界中の数ある高級ブランドによるMADE IN ENGLANDのウール製品アウター衣類の生産依頼を賄っている世界最高峰のファクトリーブランド。

★Amazon 【LONDON TRADITION】(ロンドントラディション) コーナー




0 件のコメント:

コメントを投稿