2014年5月18日日曜日

ロードスター VS のら猫 <のらネコ撃退! 人はノラネコに勝てないのか? ロードスターに明日はあるのか?>

奴らは10匹以上いる
どこかの心ない住人が、駐車像に餌をまく!家にも出入り自由にさせドンドン子供を繁殖させ知らん顔!ここ数年で猫が物凄いスピードで増殖している。猫は家や場所に居着くためチョットやそっとじゃ出て行きやしない!近所の人たちも被害を受け困っている。

駐車場を我が物顔で歩きまわり、車の上で暴れ回り、庭で糞のし放題!私のロードスターは車高が低くボンネットやトランクの面積が広く、遊び場として最適だ。幌は猫のハンモック状態、ノンビリと日向ぼっこをしながら、毛づくろいをするのに適している。

ボディーは擦り傷だらけ、幌は毛だらけ、しかも猫の重みで幌の布がたるんでいる。ノラネコからすると自分の縄張りを汚すロードスターと私が許せないらしい。

猫だって生きる権利がある!私にだってロードスターを守る権利がある!終わらないのらネコとの戦いをブログする。



① 猫の嫌がる匂いのスプレーで車の周りに結界を作る

   効果3日程は効果はある。
       頻繁にスプレーしないと行けない、お金もかかる

   欠点:雨が降ると効果なし。また、匂いに慣れる事も

 スプレーで結界を作る。3日程は効果があったが、匂いが薄くなった途端にノラネコの集中砲火を浴びる。自分の縄張りに変な匂いを撒いた私の行為がノラネコの逆鱗に触れたようだ。約10匹分の足あとが付いていた。



② 猫の嫌がる匂い袋を身にまとう

   効果:匂いがキツイ間は効果はある。
       ズーット買わないと行けない、お金もかかる

   欠点:匂いが強烈、最近少しロードスターが臭くなった
       雨の日には設置できない。匂いに慣れる事も

 ボディーに直接置くとマズイのでジップロックの袋に入れ、設置!ボンネットに上がった時、匂いで撃退!部分的に結構効果があるのだが、雨の日などには設置できない。匂い袋が無い事を確認したノラネコの集中砲火を浴びる。自分の縄張りに変な匂いを撒いた私の行為が更にノラネコの逆鱗に触れたようだ。雨上がりなので砂のタップリついた肉球がボンネットやトランクを擦り上げる。



③ 猫には猫だ!

   効果夜は目が光り効果がありそう。
   欠点:昼間は効果なし、この間隣で寝ていた。_| ̄|○



④ 最終兵器、超音波攻撃! 5月某日

   効果:意外と効果あり!維持費は電池だけなので安い!
   欠点:設置場所やセンサーの調整が難しい。

 今のところ効果が出ているような気がする。電池だけで使えるので、経済的でお金もかからない。現在、もう一台注文している!後方からの角度を変えたデュアルカム攻撃だ!



先日車から離れた場所から、コッチを見ながらノラネコ3匹が話し合っているように見えた。
(=^・・^=)「なんか、あのへん、変な音しないか?」・・・


①ジョイペット フン尿防止 スプレータイプ 犬用
②ジョイペット フン尿防止 分包タイプ 犬・猫用
③コンパル 猫にはネコだ
④猫(動物)撃退装置(乾電池仕様)PB0032A

運転席側のワイパーの風ウケのフィンに
猫の足が程よくハマり猫が立ちます

ボンネットと窓の境目も猫は好きだ
ワイーパーに挟んで置くことで撃退

超音波は後ろから当てている
左右から近づいてきたら動作する
トランクや幌の上まではセンサーが動作する
前方からボンネットに上がられたら動作しない

お出かけする時は柵から取り外しトランクにしまう。

日頃はハーフサイズのマツダ純正の幌カバーを
付けているが、風の強い日は付けれない
そんな時は、こんな感じで紙テープをリングにして
貼っている、少なくとも幌の上に居座らない。


しかし、先日風の強い日にガムテープが飛んでボディーに貼りついていた!ノリがボディーから取れず泣いた!特に紙のガムテープは危険なので止めた方が良い!



④ 超音波トリプル攻撃! 7月某日

   効果:現在効果あり!
   欠点:何度かは車に(上がる下りる)を繰り返す。

 色々実験した結果、下記のように3基を設置した。最初こそは肉球の後が付いていたが、超音波に驚き直ぐ車の上から下りているようだ!かなり学習したのか、ここ最近肉球の後は付いていない。猫の学習能力に期待したい!また、トリプルセンサーにした事により、匂い系の撃退グッズ&猫ダミー&ガムテープの使用は辞めた。
※但し、今は暑い夏なので車の上に乗らないという可能性もある。油断は禁物だ!
※最近思うのは「車に微量な電流を流したらどうか?」などと考えている。



赤○の3か所に設置した。
猫が最もよく上がるトランクに近づくとセンサーが動作する。Wにする事により左右の守備範囲が広がった!

ボンネットから上がってくる場合は、ワイパー辺りで滞在もしくは通過して屋根に上がる。その滞在地&通過点でセンサーを反応させ追い払う!また、雨風が強くホロが出来ない場合は、このセンサーを屋根の上に置く。猫が屋根まで上がったとしても逃げて行く!


しかし、この戦いは何時まで続くのだろうか・・?



某日
上記の設置状態である日、見てしまいました・・・。幌の上でくつろいでいる猫を、しかも幌カバーの上で平然と、そしてその後日、今度はリアウインドウの辺りで2匹寝てました。
つまり幌の上に登った時にセンサーが働いても、じっと動かず寝ていればセンサーは鳴りません。そこに気が付いたようです。敵ながらアッパレ!感心してしまいました。



戦いの終わり



猫の好きな幌ポイントを完全ガードしました。つまり「好きな場所を邪魔してしまえ作戦」です。日々のコストは電池代金のみです。数回は上がろうとしますが、学習し最近では近寄ってきません。 あと、嬉しい誤算で上に向けたセンサーで鳥の糞も激減しました。

これで一応の戦いの終わりとしたいものです。



そして新たなる戦い


幌の天井部分については時折上がった形跡があったのですが、居座ることは出来なかったようで、日を追うごとに上がらないようになった来たようです。

残念なのはリアウインドウ部分、とある朝方車に近づくとなんとリアウインドウのセンサーの横で黒猫がくつろいでいました。センサーが鳴ってもジッとしていれば鳴らないことに気が付いたようで、恐ろしい猫です。更に、よほどセンサーに腹が立ったのかリアウインドウのセンサーの横辺りにマーキング(おしっこ)されました。
_| ̄|○

「これはもう許せん!」考えた末「シンプルイズベスト!もうこれしかない!!」とホームセンターで叫びました!



そうです、ガーデニング用の猫除けです。トゲトゲになっているので一度踏むと相当痛いはず。
車に飛び乗るとき角度的に下からは見えないので、この部分に上がった時初めてビックリするはずです。風などで飛ばないようにクリップで軽くとめました。台風でも平気でした。

先日、雨上がりの日足跡がトランクの右から左に流れていました。「よけたな!?」それ以来3カ月ほど経っていますが、近寄った形跡がありません。
取りあえずは成功のようです。

最近、車で駐車場に帰ってくると速攻で逃げてます。トゲトゲは安いし相当長く使え経済的です。今度、天井もトゲトゲにしよう!電池代も馬鹿にならないので。

「ここダメシート」
ホームセンターにも同じようなのがあると思うので探してみてください。





0 件のコメント:

コメントを投稿